世の中には様々な占い師さんがいます。この記事では、様々な占い体験を、経験者の方に語ってもらいました。

占い師もピンキリ。いやはや様々な人がいるものです・・・。


インチキ占い師体験談

一時期、占いにはまり、占いジプシーをしていたことがありますが、明らかにインチキというか、実力のない占い師さんにもたくさん遭遇しました。

「明らかに初心者の先生」

明らかに初心者の先生にあたったことがあります。

その先生はあまり指名されることが無いのでしょう、○○先生、ご指名です、お時間は~等と、受け付けのお姉さんから電話を受けると、あたふた。

占いの講座で学んだものか学校から配付されたものかはわかりませんが、ピカピカのテキストをおもむろに広げ始めました(しかもほとんど何もメモやマーキングもしていない)。

「今日の相談内容は?」と汗を流しながらまったく的外れな回答をされ、時間のタイマーが鳴ると、明らかにホッとしている先生でした。

当たりハズレのある占い師

占い師さんの中には、一般論に終始し「わたしでももっとマトモなアドバイスが出来るよ!」と言いたくなる先生や、自分自身の夫に対するストレスや愚痴を長々と言う先生(いつの間にかこっちが聞き役になっている)。などなど・・・。

過去の悲惨な占い体験を書いているだけで思い出します!「お金返してくれよ!」と言いたくなる個性豊かな先生との出会いがありました。

むこうは決して覚えていないでしょう、きっと・・・。はじめて会ったにも関わらず、あなた、前にも来てくれましたよね?と仰る先生も。

玉石混合、占いだけに占い師も当たり外れが大きいと思ったわたしの体験談でした。



私の占い体験について

若い頃はかなり占い好きだった私。学生時代から占いの本をよく購入していましたし、20代になって自分で稼ぐようになってからは、実際に色々な占い師に見てもらったりしていました。

社会人くらいの歳になってくると、やはり友人達もみんな占いが気になるようで、「あそこの占い師が当たるらしい」などという会話が女子会でもよく繰り広げられていましたね。

そんな私が占っていた内容は、ほとんど全てが恋愛・もしくは結婚運。特に中学・高校のときは全く彼氏ができなかったのですが(涙)、気になる人とは両思いになれるのか…ということばかり占っていましたね。

恋愛運最高!という運気のときも、残念ながら全く彼氏はできませんでしたが・・・。

そして20代に入りやっと彼氏ができたら、今度は結婚できるのかどうかばかりが気になって、占い師のところに行っては「私、いったいいつになったら結婚できますか??」と聞いていましたね。ちなみに当時占ってもらった結果、「今の彼氏とは結婚しないほうがいい」と言われたこともちょくちょくありました(汗)。

でも最終的にその彼氏と結婚したんですけどね。「今の彼氏との相性はとても良いよ」と言われたのを最後に、占ってもらうのを終わりにしました。

私にとっては、本当にどうすればいいかわからないときというより、自分がこうしたいと思っているときに背中を押してもらうのが占いかもしれませんね。かなり都合の良い解釈や使い方をしているかもしれませんが。