占いは信じる人もいれば、全く信じない人もいるでしょう。
しかし、占いを全く信じていない人も、占いをお願いしてみることで自分の考え自体が変わるかもしれません。
占いは、当たる当たらないではなく信じる気持ちで望むことが大切なのです。

占いをしてもらう意味

占いはどのような目的でお願いするのでしょうか。

さまざまな悩みを抱えた人が、将来の自分に起こる悲しいことや嬉しいことを、事前に知りたいという気持ちで依頼する人が多いはずです。

しかし、占いは本当に正確に当たるのでしょうか。
当たるときもあれば、当たらないときもあるというのが占いでしょう。

しかし、重要なことは占いをするために占い師と会話をしている時間なのです。この会話をしているときこそ、さまざまな悩みから開放されている瞬間でもあります。

占いを受けるときの注意点

占いをお願いするときには、必ず嘘偽りを話さないようにしましょう。

占い自体がブレてしまうだけではなく、自分自身の信じる心までもブレてしまい、話をすることにより開放される気持ちが薄れてしまいます。

仕事の話し、家族の話し、お金の話など、嘘を付くことなく全てをさらけ出して話しを進めていく必要があります。

占いをお願いするときには、気持ちを楽にして占い師に全てを委ねるという気持ちで望むべきです。

まとめ

占いを信じている人も、そうでない人も、占いはまずは占い師と会話を行い、全てをさらけ出す気持ちで望むことが大切です。

こうした信じる気持ちこそが、占いの結果ではなく気持ちが楽になっていく、本当の占いのポイントでもあるのです。